奈良教弘の公式サイト

ホーム>「日教弘賞」推薦論文

「教育研究実践論文・教育実践レポート」のホームページ掲載について

 (公財)日教弘奈良支部では、1987年度より「教育研究論文」を募集し、優秀論文を論文集にまとめて17集まで発行してまいりました。
 その間、優秀論文を「日教弘賞」にも多数推薦し、優秀な成績を収めることができました。 その後、優秀論文をよりたくさんの教職員にふれていただきたいとの思いから、ホームページに掲載することといたしました。
 以下の3論文は、「日教弘賞」に推薦した論文です。
 みなさん方の、積極的な応募を期待しております。
2016年度(個人部門)
社会科学習を通したアクティブ・ラーナーの育成
~生徒が主体的・協働的に学び合う教室を目指して~

大和高田市立高田中学校
教諭  栗山 泰幸
2019年度(学校部門)
外国語を用いて楽しみながらコミュニケーションを
図ろうとする児童の育成
外国への興味・関心を高め、主体的・対話的に学べる授業づくり

奈良県北葛城郡上牧町立上牧第三小学校
校長  秋田 知美
2019年度(個人部門)
地域協同型科学研究実践課外活動を通して
~教科書を飛び越えた研究活動を通して生徒の主体性を引き出す~

奈良県立西和清陵高等学校
サイエンスチーム担当教諭 早川 純平
2020年度(学校部門)優秀賞
探求活動における主体的・対話的で深い学びと地域連携と協働の実現
~学校と地域を「つなぐ・つなげる・つながる」~

奈良県立奈良情報商業高等学校
校長 吉田 浩一
2020年度(個人部門)優良賞
小学校3年生国語科における「単元を貫くパフォーマンス課題」の実践
~主体的に学ぶための「単元を貫く言語活動」×「パフォーマンス課題」による単元設定から~

奈良県大和高田市立磐園小学校
教諭 安里 健志

申請書

専用ページでダウンロードできます

提供データ形式:pdf

【ここから奈良教弘の住所、電話番号など】メインメニュへ戻る

Copyright(C) NaraKyoko. All rights reserved.